小さい胸がコンプレックス!まだ遅くない大人のためのバストアップ方法は?

小さい胸がコンプレックスで、いつも自分に自信が持てない。。。

そんな女性は多いのではないでしょうか。

バストがあと少しだけ大きければ、せめて人並みの大きさがあれば、、と悩んでも、なかなかいい解決方法が見つからずにもんもんとした日々を送っている人も多いと思います。

「女性の魅力はバストの大きさじゃないよ」というのは頭では分かっていても、実際にバストが大きくてスタイルがいい人たちと一緒になる場面、たとえば、合コンだったり、夏に海やプールに遊びに行って水着になったり、そんな重大な場面では特にバストの大きさは「超重要じゃん!」と実感してしまうんですよね。きれいごとをいうなら、小さい胸でも魅力には何も影響しないということなのでしょうけれど、現実問題として、他のスペックがまったく同じだとしたら、バストが小さいよりは大きい方がいいという人が圧倒的に多いはずです。これは、男性目線で考えても、女性目線で考えても同じです。

ただ、大人になってからバストアップをしようとしてもなかなか難しいというのも現実なんですよね。成長期ならバストが大きくなるチャンスもあるかもしれませんが、大人になって体ができあがってしまった段階でバストを大きくするなんてことはできるのでしょうか。

実際のところ、バストアップするには大人になってからでもいろんな方法を取ることができるのです。ただ、もちろん簡単ではありません(とは言っても、成長期の段階ならバストアップは簡単なのかと言われればそれもまた違うのですが、、)。

それでも、自分の状況に合わせて、バストアップを実現することはまだまだ可能だったりします。

もしあなたが確実に、しかもすぐにバストを大きくしたいと考えているならば、一番ぴったりの方法というのは「豊胸手術」です。

豊胸手術というのは、美容整形手術のひとつで、バストにシリコンや脂肪を人工的に入れることでバストにボリュームを出すというやり方。ヒアルロン酸を注入する方法もありますね。

この方法なら、どんなに小さい胸の人でも、ちゃんとバストにふっくらしたボリュームをつけてあげることができますが、ハードルが高いのも事実です。というのも、とにかくお金がかかるんですよね。一番安くても数十万円、高い場合は100万円以上の出費は覚悟しておくべきです。

また、副作用がないと言い切れないのもデメリットのひとつ。最近、バストに入れる素材が体に悪影響を与える可能性があるというニュースもありました。金銭的なハードルと副作用のリスクを許容できるのであれば、豊胸手術でバストアップするというのが一番確実で短時間で豊満なバストを手に入れられる方法と言えるでしょう。

ただ、数十万、100万もお金を出すことができない、という人の方が圧倒的に多いとは思いますし、また副作用のリスクもできるだけない方がいいというのは当たり前のことだと思います。

そういう方は、豊胸手術以外のバストアップ方法を試してみてはいかがでしょうか。

もちろん、他の方法は豊胸手術のようにすぐにバストアップできるというわけではありません。時間はそれなりにかかることは覚悟しましょう。少なくとも数か月、場合によっては年単位で取り組む必要があります。

人気が高いバストアップ方法は、

1.バストアップサプリ

2.バストマッサージ(バストアップクリームを使う)

3.ナイトブラ

今だとこの3つですね。

ただし、バストアップサプリの中で効果が高いといわれている「プエラリアミリフィカ」という成分を含んだものは、副作用(不正出血や生理不順、胃腸障害など)の報告が多く、実際国民生活センターや厚労省から注意喚起されているので、豊胸手術と同様に副作用のリスクは避けたいと思っているならプエラリアミリフィカ入りのサプリは選ばない方がいいですね。

プエラリアミリフィカ以外の女性ホルモンのような働きをする成分(たとえば、イソフラボンやボロンなど)がメインで配合されているサプリを使うのが、安全性で考えるとベストだと思います。

また、バストマッサージも効果的。お風呂あがりにバストアップクリームを塗って、数分マッサージします。習慣にしてしまえば負担も少なく、しかも副作用のリスクもほとんどないので、安全にバストアップに取り組むことができるでしょう。特に、ボルフィリンという成分を含んだバストアップクリームを使ってマッサージするのがおすすめです。ボルフィリンには、塗った部分にピンポイントで脂肪を増やすという働きがあるため、バストのハリを取り戻してふっくらさせたい人には最適と言えるでしょう。

そして、最近では女性の新しい習慣になってきたといっても過言ではないのが「ナイトブラ」です。ナイトブラというのは、寝ている間にバストを支えることで、バストアップをはかるというアイテム。ノーブラで寝ていると、バストは左右にだらっと流れてしまう(バストの90%は脂肪でできていて柔らかいので)ため、本来バストにあるべきお肉が脇や背中へと流れて行ってしまうのです。それを防いで、また脇などのお肉をバストにギュッと集約させて固定することで、バストのボリュームをアップさせるというのがナイトブラの主な働きとなります。

つけて寝るだけでいいので、習慣になりやすいというのが一番大きなメリット。また、副作用の心配もありません。

ただ、最近ではたくさんの種類のナイトブラが発売されていて、どれを選んだらいいか分からないという人もいると思います。育乳ブラと呼ばれるものの中にも、夜用のものがありますので、そういったものを選ぶといいでしょう。

【40代のバストアップ】育乳ブラは効果ある?実力で選ぶおすすめブラ3選

ここでは40代を例に選び方を紹介していますが、自分の年代やバストの悩みに合わせてナイトブラや育乳ブラを選ぶというのが理想です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です