30歳からのバストアップ!今からでもまだ間に合う?

30歳を過ぎると、自分のバストに自信が持てなくなってきたという人も多いのではないでしょうか。

バストの悩みと言えば、

サイズが小さい

形が悪い

といったことが考えられますが、若いころはどちらかというとサイズだけフォーカスされがちなのに対して、30歳を超えると「形」にも変化が出てきて悩みの種がもうひとつ増えるといったかんじです。

特に、バストのハリがなくなってきたと感じているアラサー女子は多いと思います。この「ハリ」がなくなってきはじめたら、バストにとって危険サイン。

というのも、ここから、

バストがしぼんでサイズが小さくなった

バストが垂れてきた

というように進行していってしまう可能性が高いからです。

では、30歳をすぎるともうバストについて期待をしてはいけないのでしょうか?バストアップはもう無理かも、、、と思っている方のために、30歳以降のバストアップ法をご紹介していきます。

誰でも簡単にできることのひとつとして、まず自分の姿勢を見直していくということを肝に銘じてください。

前傾姿勢になって猫背になっている人はどうしても胸が目立ちにくくなりますし、体に必要な栄養を行きわたらせるための血液の循環を悪くしてしまいますから、それによってバストの成長を妨げてしまいます。

また、バストの垂れにも直結します。

そして、正しい姿勢を続けるためには、それを保ち続ける「筋力」がないといけません。

だから、基礎となる大切な体作りができないと、いくらバストアップを目指しても胸を支えられないでしょう。

これは一見大変に感じるかもしれませんが、習慣づくまでの辛抱。ですので、ふだんの生活の中でも常に心の中で「姿勢」について思い出しながら、正しい姿勢を目指してください。

また、30代の女子におすすめなのが「ツボおし」です。ツボの中にはバストアップをうながすと言われているツボがありますから、毎日押してみるのもいいでしょう。「だん中」「天渓」「乳根」などが有名ですね。これらのツボを押せば即バストアップというわけではありませんが、それでもこうしたツボを刺激することによって、体全体の血行が良くなったり、女性ホルモンの分泌される量が増加したり、乳腺を発達させたりするといわれているんです。これが少しずつバストに作用していくというわけですね、。

また、バストアップに良い食品には、有名なところで豆乳などの大豆製品が知られています。「大豆イソフラボン」という成分が含まれているというのは効いたことがあると思いますが、この大豆イソフラボンは「女性ホルモン」に似たような働きをしてくれます。なので、豆乳を毎日飲むことで、女性らしい体つきになるということなんですね。最近はマメくささのない飲みやすい豆乳がほとんどですので、毎日コップ1杯を習慣にするといいでしょう。ただし、いっぱい飲めばそれだけで胸が大きくなるというわけではないので注意してください。

胸をアップさせるクリームなんかも使ったことがある人もいるかもしれません。バストマッサージをするためのクリームというだけでなく、クリーム自体に女性ホルモンを多く出させる成分や脂肪を増やす成分が含まれていて、胸を大きくしてくれる効果があるというもの。単にバストアップクリームを胸に塗るのでは無く、お風呂上りなどに優しくマッサージして、角質の内部へ浸透しやすくする方が効果としてより実感できるのではないでしょうか。

30代でバストの形や大きさに変化が出てきたという人なら理解できると思うのですが、バストの大きさや形はいくらでも変わります。遺伝だからしょうがない、と考えがちですが、実際には生活習慣などで大きくもなりますし小さくもなるんですよね。

近年では、胸が大きくならない(胸が小さい)のは、遺伝の関係というよりも日々の生活が似ているのが原因というのが一般的に広く認知されるようになってきました。だから、遺伝だからしかたないとあきらめる必要はないということです。

生活習慣の中でも特に、不適切な食生活や運動不足、睡眠の減少や質の悪さ、そしてストレスなどのせいで、本来ならもっと大きく育つはずの胸の成長を邪魔しているという可能性が高いんです。

実際に、親子の間でもバストのサイズが違うことはよくありますよね?なので、今バストに悩みを抱えているなら、まずは生活習慣を見直してみるというのが大事です。いくらいろんなバストアップ方法を試したとしても、栄養や睡眠や精神状態が悪いと、ホルモンバランスが崩れたり必要な栄養が届かなかったりして、いくら努力してもバストアップにつながらないということにもなりかねません。遺伝以上に生活環境による影響が強いだろうというのが専門家の意見です。

実際に私の友達で、こんな人がいました。その子はバストがAカップくらい。ずっと小さいバストが悩みだったんですが、その子のお母さんもお姉さんも二人ともバストはDカップとかEカップ。かなりのグラマラスバストです。

友達はどうして自分だけバストが小さいのかと悩んでいましたが、その子は若いころから夜遊びが大好きで、平日でも飲み会があればオールは当たりまえみたいな生活をしていました。さらに、仕事も好き嫌いがはげしくてあまり長続きせず、いろんな会社を転々として、最後はフリーターでバイトを転々とするという形。お金がなくて悩んでいるときも多々ありました。このように、体にも心にもストレスがかかる生活を若いころから何年もしていたので、バストの成長をあまたげてしまったという可能性がありますよね。

こうした例を見て分かるのは、逆に考えればバストは大人になってからでも変えることはできるということ。

30歳以上のバストの悩みに多いのは、やっぱり垂れでしょう。実際に私の友達でも多くの子がバストが垂れてきたと言っています。友達の間で一番人気がある垂れ改善方法は、ナイトブラを使うことですね。ほとんどの友達は夜寝るときにナイトブラをつけています。

ナイトブラは垂れに効果あると実感している友達が多いのも事実。

垂れやしぼみも諦める必要はないんですね。30歳からでもバストアップに挑戦していきましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です